元気ですくすく成長しますように~羽子板に込められた親の願い~

ウーマン

こどもの成長を祝う

日本人形

こどもの日というと鯉のぼりをあげますが、五月人形も飾ります。五月人形は武士の頃からの行事で男の子を病気やけがから守るとされている大切な行事です。最近ではさまざまな鎧や兜などの五月人形があります。

» 詳細

ランドセルは早めに注文

鞄

最近ではいろいろなランドセルがあり人気で選ぶのも大変です。色だけでなく機能もそれぞれです。ランドセルを選ぶ際にはいくつかのポイントを抑えて失敗しないものを選ぶようにしましょう。注文は早めに行いましょう。

» 詳細

実用的で見た目もカワイイ

ギフト

出産祝いのプレゼントに迷ったらオムツケーキを贈りましょう。オムツケーキは見た目にも可愛く実用的で人気のプレゼントです。オムツケーキのオムツは少し大きめのサイズを選ぶことがポイントです。

» 詳細

初正月に飾って祝う

羽子板

日本には子どもの成長を祈る様々な伝統の行事が節句ごとにあります。また子どもが誕生して初めての正月は色々なお祝いをします。初正月とは子どもが生まれて初めての正月のことで男の子なら破魔弓を飾り、女の子の場合は羽子板を飾ります。羽子板というとお正月の遊びのイメージですが、羽子板で使用する羽のことを「無患子」といいその名の通り子が病気にかからないとされ、お守りとしても使われていました。これらは江戸時代から行われていた行事です。最近では子どもが流行病で無くなることはほとんどありませんが、江戸時代では成人する前に亡くなってしまう子は少なくありませんでした。そのため健康にすくすく成長するように願いを込めて初正月に破魔弓や羽子板を飾ってお祝いしたと言われています。破魔弓は端午の節句でも飾りとして使うことができますし。羽子板は桃の節句の時にも飾ります。正月に飾りますが、実際には12月中頃から1月15日くらいまで飾っておきます。昔は1月15日頃にお正月の飾りを燃やす左義長が行われていました。そのためこの時期まで飾るとされています。破魔弓や羽子板はインターネットを利用して購入することができます。お店によってはサービスとして、箱に名入れのサービスを行なっているところもあります。また名前以外の文字も入れることができます。メッセージを残しておくとその子どもが大きくなったときに記念になります。インターネットで購入する際は実際に見て選ぶことができないため業者選びが大切です。保障がしっかりしている業者、また返品も行なうことができるところを選ぶと安心でしょう。

Copyright© 2016 元気ですくすく成長しますように~羽子板に込められた親の願い~ All Rights Reserved.